通信制高校学費の平均

通信制高校学費の平均

通信制高校は全日制の高校と比べて学費が低いため、経済的に余裕がないことから全日制高校に通うことを断念された方が、多く通われています。
ではその通信制高校の学費ですが、平均でどのくらい必要となるものなのでしょうか?
まず、公立の通信制高校についてですが、こちらは入学金もなく、また授業料も免除されるので、平均して年間で2〜3万円程度の費用しかかかりません。
こうした学費の安さが、公立の通信制高校の最大の利点です。
しかし、そうして学費が安いことから学習環境は必ずしも充実しているとは言えず、勉強で分からないところがあっても、なかなか先生から直接指導を受ける機会も少ないのが現状です。
それに対して私立の通信制高校ですが、こちらにかかる費用は幅広く、安い学校であれば年間10万円程度で済む場合もあるかと思えば、高い学校だと100万円以上かかってしまうところもあります。
また選択する学習コースによっても、学費は異なります。
自宅学習と課題レポートの提出が基本となる「通信制コース」であれば、登校する機会も多くなく、その分特別授業なども少ないので、平均で年間20〜30万円程度の学費で済みます。
そして通信制高校とサポート校が合わさった学校の場合には、サポート校分の授業料も加算されることになりますので、平均して年間50〜60万円程度かかることになります。
しかしこうした通信制高校とサポート校が合わさった学校だと、学力向上に向けて様々な学習サポートを受けることが期待出来るので、そうしてたくさん学費を払った分の価値はあると言えるかもしれません。
そして通信制高校の中には、高校教科ではなく歌を教える「ボーカルコース」やマンガやアニメ制作を教える「マンガ・アニメコース」さらには美容師を養成する「美容師養成コース」などもあります。
こうしたコースでは授業で使用する教材費や設備費が別に必要となりますので、学費はさらに高くなって、平均で年間80万円程度かかることになります。
このように通信制高校といっても、公立か私立かによっても、また選択するコースによってもその学費は大きく変わって来るのです。